助産師もちこの、身体の声をききながら。こころの声をききながら。

身体とココロに優しい暮らしをシェアしていきたいと思います。

春の養生薬膳茶

おはようございます。

 

まだまだ気候が安定しませんね。

暑い日があったり、

かと思うと、急に風がひんやりして

春の洋服だと肌寒かったり、と。

 

この時期は気候の変化にからだがついていくのも大変です。

こころもね。特に新年度で環境が

大きく変わった方もいらっしゃるでしょうし。

 

春は中医学では

「肝」の季節といわれています。

 

「肝」に負担がかかることで、気(エネルギーのようなもの)の

流れが悪くなる「気滞」という状態に

なりやすくなります。

 

 

「気」はからだを巡るエネルギーでもありますが、

からだの表面を覆って、からだを守ってくれる

働きもあります。

春に多い花粉症などからも守ってくれる

働きがあるんです。

 

「肝」のはたらきをたすけてあげて、

「気」のながれを

すっきり、スムーズにしてあげましょう。

 

おすすめの薬膳茶のレシピです。

 

菊花

クコ

ミント

 

カモミール、ローズ、陳皮などもおすすめです。

手に入れやすい食材では、

カモミールやクコのブレンドもおすすめです。

 

薬膳茶は薬膳のお料理に比べると

日々の生活に取り入れやすいので、

習慣化できるといいですね。

 

「気」の巡りをよくして、

春をすっきり気持ちよく過ごしていきましょう。