助産師もちこの、身体の声をききながら。こころの声をききながら。

身体とココロに優しい暮らしをシェアしていきたいと思います。

子育て中の時間術。時間の生み出し方。

 子育て中はこどもに振り回されて、

自分の時間がないよ~、と感じている方も

多いと思います。

 

時間を自由に使うことを当たり前と思っていたのが、

子どもが生まれると、一変しますよね。

 

ついついできないことに目をむけてしまいがちですが、

いま、手持ちの時間を最大限活用する!という

ところに意識をむけるとずいぶん見え方が

変わってきます。

 

時間の横軸は変わりません。

なにか今やっていることをやめて、

時間を節約したら他のことができます。

たとえばスマホ、とか?

これはいちばん分かりやすい節約法ですね。

でも節約できる時間は意外と限られていると

思いませんか。

 

節約という考え方では限界がある、ということに

気づいてしまいます。

 

では、どうするか。

 

横軸ではなく、縦軸で考えてみましょう。

縦軸????

同じ10分でも深さ、といえばいいのでしょうか。

時間の密度、みたいなものととらえてもらえれば

いいのかな。

 

この時間はこれをやる、と決めたら、

それに集中するということです。

 

子育て中はなかなかまとまった時間は

取れないですね。

その分、こま切れの時間に集中して、

たくさんのこま切れの時間を生み出してみましょう。

 

密度の薄い長い時間より、

密度の濃いこま切れの時間の集まりの方が

断然達成度が違ってきますよ。

 

まとまった時間がとれない、と思ってしまうと、

そこで終了、となってしまいます。

子育てでまとまった時間がとれないからこそ、

こま切れの貴重な時間を有意義に使えると思います。

よく、仕事のできる忙しい人ほど

時間を有効に使っていたりしますよね。

 

時間の縦軸、視点をかえると

時間の見え方もかわってきますよ。